外国人技能実習生とは

日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じ実践的な技能、知識を学び、帰国後、母国の経済発展に役立ててもらう事を目的とした公的制度です。
一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れることができます。入国した実習生は、実習実施機関(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために最長5年間の技能実習に入ります。

ミック事業協同組合ではより幅広い分野における外国人技能実習生の受け入れを行っております。

外国人技能実習生受け入れから帰国まで責任を持って当組合がサポートいたします。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

① 要望書提出

実習生受入を決定後、当組合へ「実習生受入要望書」を提出し、実習生受入委託契約を締結します。

② 候補者選考依頼

対応国側送出し機関が募集をし、候補者の絞り込みを開始します。
1.書類選考 ⇨ 2.健康診断 ⇨ 3.選考試験

③ 面接試験

受入企業の経営者或いは人事担当者が現地入りし、面接試験や候補者在籍企業の訪問を行い、候補者の技能程度確認後、合格者を最終決定します。

④ 書類作成

入国管理局及び関係各省へ実習生受入の申請書を提出後、在留資格認定証明書(在留資格)を取得します。
許可が下りると対応国の送出し機関及び実習生本人に『在留資格認定証明書』を送付し、現地日本大使館へ証明書を提出後、査証(日本入国ビザ)を取得します

⑤ 日本語教育

合格者は全寮制の現地日本語学校にて3〜5ヶ月間の日本語教育を実施し、併せて日本滞在中に不可欠な知識を習得します。

⑥ 来日

⑦ 集合研修

「入管法」に基づき、組合は来日後日本語を中心とした集合研修を約1ヶ月(約176時間)実施します。
日本での生活へ自然に馴染んで行くようになります。

⑧ 各部署配属

受入企業の各部署に配属し、実習日程に沿って、技能訓練や職業教育を実施し、現場での労働時間(実習期間)に貼ります。

⑨ 帰国

1年または3年の実習期間を終了し、帰国します。
帰国後、来日前に在籍していた母国の企業で習得した技能を生かします。